忍者ブログ

Velga×Study

一次創作勢のためになりそうなあれこれのおべんきょうブログ

べるすた > > [PR] べるすた > 創作勢にオススメ! > ♡対談:”ウォンバットマガジン”編集長やしろさん

♥ [PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

♥ ♡対談:”ウォンバットマガジン”編集長やしろさん

創作クラスタのお手伝いで活動されているウォンバットマガジンのやしろさんという方とお話する機会があったので、裏方のアツいハートに共感しつつされつつ語ってきました。

ウォンバットやしろさんってこんなひと


このサイトは、管理人ウォンバットやしろを通じて実現した 一次創作家の絵描きさん・物書きさんたちによるコラボレーション作品の展示や、 様々な一次創作作品の紹介を行っている企画サイトでございます。
また、小説や漫画の作品制作に関するお手伝い(詳細後述)もしております。
当サイトに展示してある作品の著作権は、すべて製作者様に帰依します。
無断転載や自作発言などは固く禁止させていただきます。
当サイトは書き手さんも見る専さんも気持ちよく楽しめる展示場・創作家さん同士の架け橋的存在を目指しております。
心惹かれる作品を見つけたら、ぜひとも作者さんのホームページへGO!!
?当サイトについて - ウォンバットマガジンより

結構手広く活動されてるんだけど全然知らんかった。(ごめんなさい)

主な活動として
  • 作品の相談・添削
  • 創作情報ラジオ(毎週金曜更新)
  • コラボ企画
  • 複数人参加型企画の立ち上げ(不定期)
をされているとのこと。

今現在としては、毎週更新の「うぉんうぉーラジオ」、参加型企画の「星屑ノスタルジア」が公開されています。

対談内容(こむぎこ意訳)

なれそめ

・こんな難儀なことしてる人、自分以外にもおるん?! ⇒ちょっと話してみよう 
・きっかけは、お互いに近くのフォロワーさんのお手伝いから。
・ちょっと続けてるうちに「ちょっといい感じになってきたかも俺…?!」ってやる気だす。
・お手伝いめっちゃたのしい!みんなの作品読めるのたのしい!
・でも自分の手元には何も残らん…(たまにナーバス)
・仲良かった人がプロになったりして「もう追いつけねぇわ…」とかな… ⇒…それな…(嗚咽
・でも!俺(俺ら)はこの戦場で戦うしかないんや…!!!! ⇒それな!!!!!

やしろさんの活動についてめっちゃ聞く

ラジオ
普段は創作関係の雑談など。ティア直前回では作品(ラジオキーワードでおまけ付)を紹介など。作者⇔読者がリンクするきっかけ作りにもなる。

たとえば「べするた見ました~」でおまけブックレットが付く!みたいなリスナー限定特典。これめっちゃいい!!!!!!こういうのほしかった!!!!!(ここにあった!!!!!)

不定期企画
キーとなるシナリオ・ビジュアルをやしろさんサイドで準備。参加者を募り企画ページの設営。

企画運営係が参加者と完全分担されているので頓挫リスクがまずない。参加者も安心して参加できる定評が次回参加率に繋がる。

今後の展望とかも
あとはもう縁が縁を呼んだりしているイメージ。すごいなあ。めっちゃアクティブ。
一次創作界隈のニッチ分野についての見解とかも結構興味深かったり似た結論にたどり着いてたりしてて「このひとほんものだ…!!!」って本人に言ってしまった。
これから仕掛ける仕組み作りみたいな話もちょっと聞けたりして、お手伝いの切り口も参考になりました。
あと慢性的にある創作界隈のネックな点で払拭できるものどんどんしていけねえかなみたいなプロトタイプ案とか。現実的に落とし込める規模でアクションかけるには何のスキルがむぎこには足りないのかなとかいろいろ考えさせられましたね...。

なんか主に「裏方の裏方にしかわからない共感話」がいちばんアツかったんだけど、とりあえず志同じくしてそれぞれのスタイルで闘っている人がわかっただけでかなりの収穫だったの!!!!

ざっくり所感

こむぎこが、
「フォロワーさんに快適創作生活をさせる(心身共に)」
「本人のやれることを増やして”創作たのしい!”モチベを増量させる」
とっつきにくいものをとっつきやすく!
みたいなところを主軸に置いているのとはちょっと方向性は違って、

対するやしろさんは”マッチング”に重点を置いて活動されているような印象を受けました。ちょっと一言では語りつくせないので語弊があるとあれなんだけど。

ユーザー層も、プロ志向~趣味創作みたいな方々の支持が厚いみたい。
実際に本出したり、イベント参加とかをメインに活動してる人向けかな。
作品に対して金銭が発生する前提で作ってる人が多いって感じがする。

”ウォンバットチェック”は本職編集並みの指摘精度とちょっと一部で話題みたいです。
こむぎこも「読み込んだ作品の考察なら負けねえぜ!」って思うけど、いろんな人の各タイトルに平等に発揮されるというのは結構すごい。
私は身内フォロワーさんのお悩みに寄り添うというかなりピンポイントな内容が多いしね。
ちょっと狙ってる土俵が違うので比較するだけ野暮なのだけれど。

とにもかくにも、こんなに切り口がいい感じなのに創作勢に浸透してないのがすごくもったいなくて!
ウォンマガの切り口って、浸透している創作人口が多ければ多いほどうまい感じにいくような仕組み作りがされているんですよね。
やってることセンスもあるし行動力もあるのにすごくもったいない!
(※知名度が低いっていうのはやってることのクオリティに対して、みたいなところです)
こんだけ活動してたらもっと知名度あってもいいと思うんだよね。

お互いに言ってたんだけど、正直こむぎことやしろさんでは「毛色が違う」って感じで、活動方針も相手にする層も全然違うんだけど、べるすたでカバーできなくてやしろさんちのほうがよさそうな方がいれば全然ウォンマガおすすめしたいと思った。
プロ志向の方々とかが仮にべるすたに来ても、ここの内容じゃ全然カバーできないし。

武器は違えど同志やしろさんの活動を応援しようとおもい、そしてこむぎこもちょっとべるすた真面目にやろうっておもったの。
べるすたにもリンク貼っちゃった!(そして相互リンクされちゃった!)やったね!

そんなわけで、改めてですが、やしろさんのウォンバットマガジンはこちらになります。

ウォンバットマガジン



あんまりウォンマガとやしろさんの良さが伝えられたか自信ないんだけど私は年始からすごく良い縁ができたと!!おもっています!!!!やしろさんごめん!!!!!!!

拍手

PR

08 2017/09 10
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

Search

Counter