忍者ブログ

Velga×Study

一次創作勢のためになりそうなあれこれのおべんきょうブログ

べるすた > > [PR] べるすた > 創作勢にオススメ! > ♡万年筆たのしい!!!!!!!!!

♥ [PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

♥ ♡万年筆たのしい!!!!!!!!!


2015年はほぼ日手帳を買ったんだけど、万年筆とセットで使ってる人が多い?みたいなのでちょっとしらべてみたらうっかり沼にハマりそうなのでみんなにも布教するぜ!

万年筆って何がたのしいん?

  • 書いた時のカリカリ感
  • 所有のほっこり感
  • 好きな色のボトルインクを使える
インク…ぐぬぬ!
でも…お高いんでしょう…?

1,000~3,000円で買える万年筆がいっぱいあるぞ!

な、なんだってー!
  • kakuno(PILOT) 1,000円程 や、やすいぞ…
  • ペリカーノJr(ペリカン) 1,500円程
  • safari(Lamy) 2,000円程
ほかにも無印とかいっぱいあるみたいだけど主に出てくるのここら辺なので、
つまりコスパがいいのはこのあたりってことなんだと思われる。
細かいことはまとめサイトのほうが詳しいのでお任せする。(最後に参考リンク貼るね)

安い万年筆でボトルインク使えるのかよ

そうだよそこだよ!調べたよ!

お安い万年筆には、基本的に「インクカートリッジ」がついている。
カートリッジ単品でも販売していて、”インクが切れたら買い足して差し替え”というもの。
普通のボールペンといっしょだね。

んで、ボトルインクを使うには、コンバータ(別売り)を買って、カートリッジと差し替える。 
のだが、このコンバータ、各メーカーから1本500円程度で単品販売されている

コンバータ??なんなの???って話なんだけど、注射器みたいにインクを吸い上げるやつなの。

▼こんな感じに使うよ


つまり本体+500円で好きなボトルインク使える万年筆が手に入るってことなんだぜ?!!

ということで買った。

前述「kakuno」と、1本200円の「preppy」というやつ。

▼かくのちゃん(1,000円)

えんぴつみたいな摩擦感がとてもよい。新verは顔がウインクしてるらしい。

▼ぷれぴーちゃん(200円)

preppyは普通のカラーペンみたいに売ってるけど、実はコンバータも付けれるらしい。(すげえ!)



きいろのインクの出方がいちばん理想形かな...

肝心のボトルインクだよ!!

って言いたいところなんだけど、田舎の文房具屋さんにコンバータ単品は置いてなかった。
のでamazonでぽちってお届け待ち。届きました!!!!

▼初インクはこちら

エルバンというメーカーのアンティークブーケ
くすんだピンク~パープル的な色です。

▼エルバンのカラー見本(拾い物画像)


文房具屋さんで比較的お手軽に購入しやすいインクは
pilotから出てる色彩雫ってシリーズ。

いろんな人の感想ブログが転がりまくってるので気になった色あれば見てみるといいかも。

セーラーのインクブレンダーさんがやってる「インク工房」というイベントでオリジナルのインクを配合してもらうこともできるそうだよ。

参考まとめとか

【はじめの1本にオススメ!】人気の万年筆【kakuno(カクノ)】の特徴と口コミ - NAVER まとめ

LAMYのペン、safariを使ってみたい人の背中を押す - NAVER まとめ
絵描きさんも文字書きさんもぜひ…!!ぜひ!!!!


ここからの沼の分岐

  1. インク沼:あらゆるインクを集める。自分で調合し始めたら末期との話。
  2. 軸沼:万年筆本体(軸)を集めまくる。金銭感覚が狂っていく。 
  3. ニブ沼:ペン先(ニブ)に凝り出す。 
  4. ガラスペン沼:派生してガラスペンに手を出す。
  5. 紙沼:紙にこだわりだす。手帳沼も覗く羽目になる。 
  6. 文房具沼:もうわかるな?

拍手

PR

08 2017/09 10
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

Search

Counter