忍者ブログ

Velga×Study

一次創作勢のためになりそうなあれこれのおべんきょうブログ

べるすた > > [PR] べるすた > 創作勢にオススメ! > 今持ってる画像ファイル名一覧をExcelでつくっちゃう!!

♥ [PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

♥ 今持ってる画像ファイル名一覧をExcelでつくっちゃう!!

サイト組み直しでログの整理とか、
今持ってる画像データを一旦名前変えたりして整理したいな~ってこと
みんなもあるよね!!!

でもまず、今なんて名前のファイルがあるか・なにがどんだけあるか確認したいじゃん!
とおもったので、ファイル名一覧を書き出す方法見つけてきました!
 ←こんな感じ。

http://itpro.nikkeibp.co.jp/article/COLUMN/20060120/227645/
こちらの記事からコードいただきました。

んで、画面スクショ交えたべるすた式の手順説明がつづきからあります~

そんなに複雑でもないので、何も考えずぽちぽちやってみてください。




Excel 2007 で手順をせつめい!

エクセル開くじゃん


あっ 開発タブを使うんすよ!(マクロとかの機能が入ってるタブ)
でもライトユーザーは使わないのでデフォルトは非表示です。

まず開発タブ出そうね。今回だけだからちょっと我慢してくれな。

左上のマークから「えくせるのおぷしょん」をえらんで、


はいここチェックいれたら、OKボタン押してね


開発タブが出てくるようになったよ!!


----------------------------------------------------------------
ここからが本番だよ~!!
----------------------------------------------------------------
これからファイル名一覧をつくってくれるプログラムを仕込むんだけど、
プログラムのコード自体はコピペなので、
コードを貼る場所を開きますね。

そんなにむずかしくないのでもうちょっとがんば。


「開発」タブ → 「Visual Basic」アイコン 

の順番に押すと、なんかウインドウが出てくるよ!びっくり!



んで、

 
▲の画像の、ピンクのあたりで右クリックすると、赤枠のメニューが出てきます。

ので、「挿入」→「標準モジュール」を選びます。
カタカナ単語出てきて意味分かんねえけど、まあ気にすんな。ようするにメモ帳だ。


はいおつかれ!!!やっと準備ができたよ!!!!!!!!!!!!!!
メモ帳っぽいの出てきたね。


さあついにきたぜ!!!!!!!
Sub MakeFileList()
    Target = InputBox("ファイルの場所をまるっといれてね", "どのフォルダのファイル名一覧つくるの?", "ここにコピペって~")
    Set FS = CreateObject("Scripting.FileSystemObject")
    Set Fol = FS.GetFolder(Target)
    Set Fil = Fol.Files
    ThisWorkbook.Sheets("Sheet1").UsedRange.Delete
    '見出しを付ける
    ThisWorkbook.Sheets(1).Range("B2") = "ファイル名"
    ThisWorkbook.Sheets(1).Range("C2") = "ファイル種別"
    ThisWorkbook.Sheets(1).Range("D2") = "最終更新日"
    ThisWorkbook.Sheets(1).Range("E2") = "説明"
    ThisWorkbook.Sheets(1).Range("B2:E2").Interior.Color = RGB(0, 0, 0)
    ThisWorkbook.Sheets(1).Range("B2:E2").Font.Color = RGB(255, 255, 255)
    ThisWorkbook.Sheets(1).Range("B2:Es2").HorizontalAlignment = xlCenter
    i = 3
    For Each Fx In Fil
        'ファイル名
        sFile = Fx.Name
        'ファイル名の書き出し
        ThisWorkbook.Sheets(1).Cells(i, 2) = sFile
        'ファイル種別
        sFType = Fx.Type
        '最終更新日時の書き出し
        ThisWorkbook.Sheets(1).Cells(i, 3) = sFType
        '最終更新日
        sLMod = Fx.DateLastModified
        ThisWorkbook.Sheets(1).Cells(i, 4) = sLMod
        i = i + 1
    Next
End Sub
↑これを~さっきのメモ帳のとこにまるごとコピペってください~~



こんなかんじになったね????

そしたら~このへんなプログラムウインドウはバツで普通に閉じちゃっていいっす。

でも、今開いてるエクセル自体は保存しないと、仕込んだプログラムが( ᐛ) パァなので、
次の手順で保存してね。

・「名前をつけて保存」
・ファイルの種類を「マクロ有効ブック」
・ファイル名はお好きにどうぞ


はい!これでOKです!!!!!!!!設定お疲れ様でした!!!!!!!!!

----------------------------------------------------------------
【使い方】

準備
・ファイル名を一覧にしたいデータをなんでもいいので同じフォルダに全部ぶち込んでおくよ。
・さっき保存したエクセルを開いておくよ

発動させるよ
[Alt]+[F8]同時押し or 開発タブ→マクロの順にボタン押す

こんなのが出てくるから「実行」するよ。

フォルダを教えてあげるよ

こんなのが出てくるから「ここにコピペ」ってとこにフォルダの場所をいれるんだけど…

フォルダの場所は、

フォルダ開いた時の、この 「↓」みたいなの押した時に青くなるやつだよ。
これをコピーして、さっきのエクセルのところに入れてOKしてね



そうすると~~~~~~~~



ドゥルウウウウウウウウっと一覧ができました!!

やったね!!!

おわり
----------------------------------------------------------------
【おまけ】
あとはこの一覧を元にして、サイトに画像貼り付ける時のタグを数式で生成できるんだけど
「その人ごとにちょっと内容変えればつかえる!」みたいなやつ今考えてみてるので
もうちょっとまってね!うまくいったらまたおしらせします。

拍手

PR

08 2017/09 10
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

Search

Counter